So-net無料ブログ作成
検索選択

鶏卵鶏卵鶏卵 [義足生活]

数え切れないダケ聞かされて来ました

審査がきびしいってハナシ

ホントにそうなのかな? と
実際自分も面と向かって直面して
まぁ確かにキビシイよな と

でも 厳しく無いとダメなんじゃないのかな と
ユルユルじゃマズかろう? と

なんのハナシかっていいますと
義足のハナシ
ボクが分かるのは義足と車椅子

各都市によって違うのかも知れないので
あくまで札幌でのはなし

僕がお世話になっていたリハビリ病院
同じ病室にも装具やら車椅子やらの利用者
同じフロアにも沢山おりましてね
僕が居た半年間は義足は僕しか居ませんでしたが
とにかく各業者さん技師さんが入れ替わり立ち代わり
たくさん来てました

『あとは審査待ちですね〜』とか
『認可おりれば良いんですけどね〜』とか
ま〜とにかく良く耳にしましたわ

『最近は審査厳しいからなぁ〜』とか
『なかなか通してくんないんだよ』とか
この類いも良く聞くコトバ
いずれも業者サンや技師サンからね

俺はホラ そんなコト全て初耳だし
そもそも車椅子だの義足だの
ハッキリ言って自分には全く関係無い
別世界のコトだと思って生活して来たから
義足や車椅子作ってもらうのに許可やら認可やら
そんなコトが必要だなんて全く知らなかったワケで
償還払いなるシステムも初めて知ったし
とにかく初めてのコトばっかり

でもね 
なんか釈然とせんコトが多過ぎる
色々聞いてみましたよ
アチコチ色んな人に


業者サンや技師サン側は風潮として
「許可を出さん行政側がワルい」
「俺らは患者サンのためを思って色々やっている」
「ソレなのに許可を出さん」
「アイツらは患者のコトなんか何も考えとらん」
ってな感じの事を皆さん仰る
「口を開けば予算予算ばっかりだアイツらは」
まぁホッとけば幾らでも続く感じ(笑)


逆に 先日も行ってきましたが
認可を出す側である福祉センター等の行政側
行政の側は何を言ってるかと言いますと
「アイツら(業者&技師側)ナンでもカンでも申請」
「とにかく値段の高い部品ばっかり申請しやがって」
「たいして歩けん人にこんな部品ホントに必要か?」
ってなコトを仰ってる

実際に上を見るとキリが無いワケで
片足で高級セダンが買えちゃう義足だって有る
車椅子だってホイルだけで高級MTBが買えるのも有る
本当にソレが必要ならそれらに認可を出し
必要無いなら許可を出さない
単にそれだけのハナシだ

俺としてはソコにそんなに悪意は感じない

必要な人には必要なモノを
そこまで必要じゃない人にはソレナリの物を
キチンと精査して区別して判断する
予算も青天井ではない
誰かが優先順位を付ける役を担わなくては
ある意味悪役を引き受けている感も有る
至極マトモなハナシである

でわ 償還払いはどうだろう

結局戻って来るなら行って来いでチャラだし
別にイイんじゃない?って人も居るでしょう
でもね 義足や車椅子ってスゴく高い
右から左へポンと何十万
物によっては何百万を右から左に受け流せる?
右から左ですよw?
裕福な人なら良いですよ別に
一端全額払って忘れた頃に戻って来ても
問題の無い生活をしている人は

毎月どうにかギリギリでやりくりしている人には
多分難しいと
いや 間違いなくキビシイ

実際にそのシステムのせいで
義足を諦めている人が沢山居るんだよね
歩ける可能性が有るのに...
本当にソレで納得出来ているなら別に言う事は無い
価値観は人それぞれだからね

でも 
義足が有れば
義足さえ有れば
歩けさえすれば
歩けたとしたら
こんな想いを持ちながら諦めた人が居るならば
居るとするならばこのシステムは良くない
いや 間違いなく居るし
実際に居た

おそらく行政の側も良く無いのは分かっている
分かってて何故に償還払いなのか
そこに問題が有りますよね
何故にこのシステムが始まったのか


次回僕なりの考察をば
 

ご協力お願いします↓↓↓
ブログランキング にほんブログ村






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。