So-net無料ブログ作成
検索選択

きちじつ [雑記]

前回更新から色々と忙しくしておりましてね。
書きたい事も色々有ったのですが、どうしても余計なコト書いちゃいそうで、3月24日が済むまでは私は貝になりたいと。

24日ですが、地元富良野の後輩の結婚式がありましてね。
そこでサプライズを仕込む大役を仰せつかっておりましてね。
良く有る話しっちゃ〜話しなんですがw。結構大掛かりなメッセージビデオを極秘裏に進めてましてね。

以前にも当ブログにご登場頂きました「金丸文武」君。今回の主役新郎新婦と大変ゆかりが有りまして、特に新婦にいたっては実の兄の様に慕っておりましてね。
時々金丸君とはメールのやり取りをするんですが、その中で「もうすぐ結婚式ですね〜。出席するんですか?」と。「そろそろそっちを出ないとヒッチハイクで間に合わんぞ〜」とか。

その時点で彼はどこに居たのかって〜とアフリカ大陸www。
「さすがにムリですw。動画かなんか撮って送ります。」

どうやってデータのやりとりをするかってのが一番の問題でしてね。
現地にはネットカフェとか無いしw。砂漠だからw。メールに添付しようにも添付容量の問題でダメ。そもそも転送時間中快適に繋がるWi-Fiが有るのかどうかも怪しい状況だし。双方で色々アイデアを出したものの二人してネットに明るくないと言う最悪な環境w。そうこうしているウチに彼から「一応ユーチューブに上げる事が出来たので見てみて下さい」との連絡が入り、その直後に音信不通。

どうにかデータは入手出来て、DVDに変換出来たんですが彼は引き続き音信不通...。
後日談でモロッコでi-phone無くしただか盗られただかで、その動画撮影とアップロードが最後の仕事だったと...。
アブねぇ〜トコだったな〜おいw。

式当日、我らドンバンドも演奏をさせて頂いたんですが、セットの転換時に白々しく「セッティングに少々お時間が掛かりますので、その間お祝いのメッセージを」ってな事でVTRスタート。セッティングなんて5秒で終わるのにw。

484267_442360812516477_1657165035_n.jpgVTRが流れたら会場は一気に釘付け。そりゃそぉ〜だよね。砂漠の真ん中に1人座る金丸君。色々話した後に地面に置いて撮っているで有ろう携帯に歩み寄り、「ここドコだと思う?」と言いながら撮ってる携帯を持ち上げて左に振って行くとピラミッド!会場がざわめき立った瞬間。プロジェクターの裏で見てて鳥肌たったな〜。

VTRの最後は「それではドンバンド!ど〜ぞ〜!」ってw。
後にも先にもピラミッドの前から前振りされる事は無いだろな。
アフリカ大陸の北から日本の北へ壮大なバトンタッチ。

1856_442361472516411_10544270_n.jpg人前で演奏するってこんなに緊張したっけね?
手のひらにナマラ汗かいてたしw。
カホンとか初めて叩いたしw。

家を出る間際にユーチューブで「カホンの叩き方入門」的なのをあわてて見てみたんだけど、やれ座り方だの選び方だのばっかり前置きが長過ぎて、肝心な叩き方が始まる前にお迎えの時間が来て結局見れずwww。

この日の式は、僕にとって音楽が縁で知り合った人達ばかり。何を隠そう新婦は我ドンバンドの初代のベーシスト。そんな素敵な場でドンバンドとして演奏出来た事を本当に嬉しく思います。一時期はもう人前では演奏なんか出来ないんじゃないかと思った事も有ったから。それでも信じて待ってくれてたメンバーにも感謝だし、こんな場を作ってくれた新郎新婦ご両家ご一同様にも感謝です。

ミゾム・ヒロコお幸せに〜!


とってもきちじつでした。

只今のBGM
Rock a holic Juice Culture by Radical Jap Crush
※結婚式のBGMでこの曲流れて驚いたw


ご協力お願いします↓↓↓
ブログランキング にほんブログ村

nice!(1)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

ばぶばぶ〜 [雑記]

気付くと早いものでこのブログも満1歳。
皆様のお陰でどうにかバブバブの1歳を迎えました。
正確には昨日の3月16日に1周年、何故にその日をスタートとしたかと言いますと、3・16は自分の誕生日。まぁ正直言うと単にブログ始めるきっかけが欲しかっただけなんだけどw。何かにコジつけてねw。

とりあえずの目標だった1年をどうにか乗り越えられました。
当初は過去の闘病記回想録と言う事で、時系列がリアルタイムに追い付いたら止めようと思ってたんですが、地元の悪事の師匠から「どうせなら死の淵から生還した後の事を書けよ」との御指導御鞭撻を頂きまして、それもそうだなと。
障害を負ってから以前とは違うがあんな事もこんな事も、試行錯誤四苦八苦しながらもどうにかやれている姿と晒して行く方が良いのではと。

「人生は旅だ」と色々な先人達も申しております。ならば「旅の恥はかき捨て」のお言葉通り四苦八苦する姿を晒し、それを笑って読んで頂ければと決意を新たにこの1年をと。

ってなことで今後もよろしくお願いします。


只今のBGMは何にしようかな〜と、僕が産まれた1969年・昭和44年にはどんな曲が有ったのかチョいとググって見たんですが、色々有りますね〜。中でも僕が小中高と最も聞いたで有ろうビートルズから。

只今のBGM
Get Back by The Beatles


ご協力お願いします↓↓↓
ブログランキング にほんブログ村

nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

さすがに [闘病記]

さすがに今日は震災の記事が多いですね。

2年前の今日、僕は何をしていたかと言うと、リハビリ病院でリハビリでした。

午前中のリハビリを終え、午後のリハビリ中に大きな長い揺れ。
そこは1つのフロアを殆ど体育館の様にした広いスペース。僕は窓際でストレッチを受けていました。最初は「揺れてるね〜」なんて感じでしたが、徐々に揺れも大きくなって一向に弱まる感じも無く、ちょっとヤバイんじゃないかなと思い窓際から離れました。デカいガラスが連なる窓際でしたからね。ガラスが降って来たら大ケガしちゃうから。フロアの中央に寄ったは良いけど、もし天井が落ちて来たらどうしようとか、その日のリハビリ担当は以前僕に「両足義足は歩けない」と言い放ってくれた人でしたが、「あぁ〜ここが崩れて下敷きになったらコイツと一緒に死んじゃうのかぁ...」とか、揺れてる間ずっと考えてたのを今でもハッキリ覚えてます。

その後自分の病室に戻り早速テレビを付けたら、そこには想像を絶する現地の惨状が映し出されてました。テレビを見て、震源が東北な事や現地がとんでもない事になっている事、今まさに津波が襲っていること等を知りました。はじめは十勝とかが震源で、北海道だけが揺れたと思ってましたから。

もう2年、あの日から。

僕にとっても激動でした。両足に始まり片目片耳、上肢運動機能に平衡感覚と記憶、いっぱい無くなりました。それでも被災地で本当に何もかもを無くしてしまった人達の喪失感に比べると...。

僕の激動も未だ続いています。決して治る事は無いと太鼓判を頂いた原発性免疫不全症候群、それを裏付けるかの様な入退院の連続、いつまた繰り返すか分からない髄膜炎への恐怖、死ぬまで続くであろう治療。正直不安で一杯だ。それでも最初は「助からない」と言われ、次ぎは「良くて植物状態」と言われ、そして寝たきりから車椅子になり、歩くのは不可能から歩ける様に。その渦中に置いては、その微々たる進歩さえ感じる事が出来ずに居たが、今改めて振り返るとこれだけ良くなった。だが、被災地の現状は未だ復興の目処すら立たない地域が数多く有るし、福島にいたっては自宅に戻る事すら許されない状況が何十年も続くとさえ言われてる。
未だ激動の渦中で先が全く見えない。

もう2年なのか。まだ2年なのか。人それぞれで感じ方は如何様にもなろう。

この2年間、僕が折れずに来れたのは、気にかけてくれる人、想ってくれる人が居たからに他ならない。家族はもちろん、知人友人顔見知りから全然知らない人、そしてブログにコメントを頂いた人達。その存在が無ければ僕なんかとっくに折れて自暴自棄になってたのは明白だ。

被災地には未だ多くの物理的現実的な支援が必要だ。でも一番大切なのは、たとえテレビや新聞で最近見かけなくなったとしても、未だ激動の渦中である被災地を気にかけるみんなの「想い」ではないかと。復興が完遂するまで風化させないという想いではなかろうかと。
僕がそうだった様に。

 
ただ今のBGM
Sukiyaki by Kyū Sakamoto



ご協力お願いします↓↓↓
ブログランキング にほんブログ村


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

けんさく [義足生活]

今回のお題は「けんさく」

検索ですよ検索。健作森田じゃ無い方ね。さらば涙と言わない方ね。

2月の頭に「検索ワード」ってのを書きましてその中でも言っておりますが、ブログに如何様な検索語句にて侵入しとるのか?って話し。その機能を知ってからは時々覗いとる訳なんですが、検索の語句ひとつ取ってもその人が何を知りたかったのかと想いを馳せる訳なんですわ。センチメンタルですからね僕は。

前にも書きましたが、やはり「車椅子」と「義足」絡みの語句が非常に多い。
そうなると「あぁ、この人も車椅子になっちゃったのかな...」とか「義足になっちゃったのかな...。」とか想いを馳せる訳ですよ僕なんか。センチメンタルだから。実際僕も入院中、特にリハビリ病院の時なんかは携帯で検索しまくりましたからね。ホントに歩けんのか?どれくらいで歩ける様に?義足でどんなコト出来んの?痛いの?何キロくらい歩けんの?階段は?もう思いつく限りの言葉で検索しましたからね。そうね、その頃は100センチメンタルは超えてましたよね。

でもね、色々ヒットした検索の中で実際に義足で生活している人が書いたブログなり手記なりを読んで心強く思ったり、勇気や希望が湧いて来て100センチメンタルが75になり50になり、リハビリが進む毎に30になり20になり、膝立ちでばんばん歩ける様になった頃にはそれが10になり、やがて仮義足での歩行訓練が始まるといよいよ5になり、「歩けるかも」って希望が確信に変わったときに0センチメンタルになり、僕のセンチメンタルジャーニーby松本伊代は終わる訳です。ご清聴ありがとうございました。

いえね、最近その検索ワードで「リハビリで歩ける様になるまで」とか「歩ける様になる」とかの類いがエラく多くてですね、ちょっと気になってたんですよね。
リハビリの渦中に居る人にとっては先が全く見えない、こんなこといつまで続けんの?こんなコトやっても時間の無駄じゃね?ってなったりするんですよ。
無くしてしまったり全然思う様に動かなかったりして、ただでさえヘコんでるのにひたすらリハビリ。リハビリしたところで進歩なんて微塵も感じられずに、ただただ現実を突きつけられて更にヘコむ。完全に悪循環ですよね。

僕は本当に本当に運が良くて、素晴らしいと言うか僕の中での「No.1 PT」に出会えましてね、もうホント彼のおかげで歩ける様になりました。

ってコトで、次回以降時々そのNo.1 PTの彼にもご協力頂いて、実際に僕がやってきたリハビリ内容をちょいちょい書いて行こうかなと今思いついたw。完全に事後報告w。

ただ今のBGM
Violent & Funky by Infectious Grooves


ご協力お願いします↓↓↓
ブログランキング にほんブログ村
nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

D・I・Y [義足生活]

DIY

最近じゃホームセンターなんかで当たり前に見かける様になりましたよね。
通路の上とかに吊ってありますよね「DYIコーナー」って。

DIY、Do it yourself つまり自分でやりましょうってコトですわな〜。

今年からは自分の義足は自分で調整管理しようと思いましてね。
おそらく義足歴が長い人は皆自分で調整してると思うんですが。

僕の場合、髄膜炎の合併症で腎不全も併発しまして、結果として両足を切断するに至った訳ですが、髄膜炎が一段落してリハビリの病院に転院し半年後、義足の完成間近の時期に再度髄膜炎になり、結局義足の完成がうやむやになってしまいましてね。経緯や詳細は書くと長いのでアレしときますが、最終的に再度の髄膜炎退院後の自宅に技師さんに寄ってもらって義足を完成させて頂きました。

本来はそういったことをしてもらえるのかは良く知りませんが、時間が有る時に家に寄ってもらって調整を続けて行き、最終的に完成へとこぎ着けたわけです。
完成後もたま〜に電話が来て「調子はどうですか?」と。
義足と言うよりかは足の断端の状態というのは日々変わって行くもので、調整してもらった時は調子が良いんですけど、しばらくすると色々と出て来る訳ですよ。
かといってすぐに来てもらえる訳でもないし、技師さんの都合に合わせて1週間も2週間も合わない義足で生活する訳で、なかなかの不便さですよね。
そんでもって、やっと技師さんの都合が付いて寄ってもらえてアチコチ調整してもらうんですが、正直言って時間が経ってみないと分からんのですよね。

僕が使っている義足ってのは膝から下のヤツでしてね、下腿義足って呼ばれる義足。僕の場合スネの上の方で切ったので、俗に言う「弁慶の泣き所」とは永遠にオサラバですよねw。ボクは泣きませんっ。って言うかスネ打って泣いてみてぇ〜な〜w、久しぶりに。

CA3C0032.jpgで、その残った短いスネの部分を硬いプラスチック的な素材で膝まで作り、その下にパイプで足首までを作り、更にその先に足部(ソクブ)を付けて僕の義足は成り立っております。考え方として正しいのかは知りませんが、僕が思うに要は「外骨格」的発想なんだなと。まぁ分かりやすく言うと、カニとかカブトムシと同じっちゅ〜コトですわw。内部に硬い骨を持つ人間とかと違って、ヤツらは身体の外側に骨の代わりになる硬いカラが有って、それを骨格代わりにしてる訳ですよ。きっと。僕の両足はカニやクワガタと同じですよとw。

CA3C0033.jpgそんで、スネ代わりのパイプの両端にはそれぞれ前後左右に調整可能なジョイントが有りまして、そこを色々調整してバランスを取っていく訳です。

プラスチック的な部分(ソケットと呼ばれてます)は、おそらく何らかの樹脂的な物で出来ているので、調整するにはドライヤーの親分みたいなヤツで熱を加えて樹脂を柔らかくして、結構強引に調整と言うよりかは変形させて行って修正してもらいますので、素人では難しいかなと。でも、パイプのジョイント部分はそれぞれ4つのイモネジで締めているだけなので、レンチさえ有れば簡単に調整が出来そうだなと。

自分で調整が出来ると、気の済むまで何度でも出来るし、しばらく歩いてみて気になる所が有ればすぐにまた調整出来るし、何より気を使わなくて良いし待たなくて良い。良いことずくめ。

調整は絶対自分ではやらないでくれと念を押されてたんですがw。
いえ、最初は言いつけを頑に守ってたんですがね、やっぱりネジが有ったら回してみたいのが男の子でしょw!部品はバラして見たいのが男の子でしょ!?
おかげで今は階段もスイスイですよ。

あくまでもコレは僕の場合。DIYは自己責任で。

あともうちょっとな感じなんだよな〜。
脱いではネジを回して、履いて歩き回って。
やっぱりってんでまた脱いで、もっかいネジ回して。
また履いて階段登って降りて。
完璧な調整なんて夢なのかな〜。
夢を追い続けてるのかな〜。
あぁ〜あ〜果てしないな〜。


只今のBGM
大都会 by クリスタルキング


ご協力お願いします↓↓↓
ブログランキング にほんブログ村
nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。