So-net無料ブログ作成

李夫人・2 [義足生活]

前回は取り乱してしまいまして...


上島竜兵.jpeg


最初は自分の気持ちを右に左に上手くイナしてたんですが
だんだん書いてるウチに

いきどおる
  ↓
いきおどる
  ↓
またどーる


マタドール.jpg


とまぁこんな感じ


義足には作り方が何種類か有るようで
僕の場合は最初の義足は医療訓練用仮義足
というのを健康保険にて作りました

今回の新しい義足は身体障害者手帳にて
本義足の作成手続きという事で
市の障害者福祉センターにて来所判定

当日は身体障害者更正相談所職員による聞き取り
※前回はここまで書きました

聞き取りの後医師による診察
問題が無ければ申請の許可が出て
手帳による本義足の作成が開始される


聞き取りの様子と言うか内容というかは
おおむね前回書いた通り


実はこの来所判定の際には古い方の義足で行かんとダメらしく
前日の夕方に技師サンに自宅に寄ってもらって
旧義足のパーツを全て組み直してもらいました
その際前日に福祉センターの担当から電話が有った話しを聞かされまして
電話でかなりコっピドく言われたらしく
今回この申請は通らない可能性が高いと...
エラく落ち込んでましてね

「調べたら車椅子も乗ってるだろ
そんな車椅子乗ってる様なのに
こんな高機能な足部なんて
なんで必要なんだよナメてんのか?
全て俺が納得出来る様に説明しろよな
そうじゃないと絶対こんなの許可なんてしないからな」と

そりゃ〜落ち込むわな〜www
こんな電話来たら

いったいドンなヤツなん?ソイツ

当日は調子の悪い義足にてドンヨリと会場入り
来所判定の順番が来た頃には既に断端の限界に近い状態
かなり頑張らないと上手く歩けない
とにかく断端が痛くて痛くて

断端の限界が来る前に呼んで欲しいなと思ってたら
僕の担当技師サンが呼びに来てくれました

いよいよ対面となりました
いったいどんなヤツ?





こんなヤツでしたwww
ボヤッキー.jpg

まずは部屋の中をアッチへコッチへと何度か歩かされ
片足ずつ立たされ
あげくにはちょっと廊下を走れますか?とwww

仮にあまりに歩けないと
こんだけしか歩けないのに
こんな高機能な足部必要無いだろってなるし
逆に痛いの無理してスタスタ歩くと
別にこのままで問題無くね?ってなりそうだし

結局普通にビッコひいて歩きました

痛いのか?って聞かれたんで
新しい足部なら全然痛く無いって答えると
「なに?わざわざ古いの履いて来たんか?」って
そうさせたのアンタらだろってのw


その後細かい聞き取りが始まったんですがね
まぁぶっちゃけ取り調べですよね
徹底的に話し込んでやりましたよ
普通は1人に対して10分から15分程度の枠らしいんですが
びっちり小一時間話してやりましたわw
途中から時計をやたらとチラチラ気にしてるんで
更に怒濤のごとく一切の反撃のチャンスを与えずwww

いや〜喋りましたね〜ホント
こりゃラジオのパーソナリティでも出来るなっつ〜くらいw
各地を講演して歩けるなっつ〜くらいw
ここ数年で一番饒舌だった小一時間でしたねw

桂枝雀全集聞いといた甲斐が有ったwww
桂枝雀.jpg


その後医師の診察となるんですが
何故だかボヤッキー
この場では僕の味方的スタンスで医師に話すんですよね
さっきまでごっつ敵やったのに
敵か味方かカウボーイ.jpg

何かヘンなの〜


最終的にはOKになりましたが
「この状況でここまで高機能の足部しかも両足
こんな前例は無いからね」と


悪しき前例は一杯作るクセに...

この一言はグッと飲み込んで会場を去る僕でした


ご協力お願いします↓↓↓
ブログランキング にほんブログ村
nice!(0)  コメント(11)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

李夫人・1 [義足生活]

ホントは25日の夜にはUPしたかったんですがね

色々とまぁ気持ちがね...

なんツぅ〜んですかねぇ
釈然とセンというか何ちゅうか


もしかしたら気にしてくれている人も居るかも知れないので報告

義足の来所判定は無事OKが出ました
色々な人のお陰で
特に技師サンですけども

これで心置きなく新しい快適な義足の製作に進めます


じゃ〜ヨカッタじゃね〜かって話しなんすがね
ナンモ文句なんかネェ〜んじゃねーのかってコトなんすがね

いや結果的にはOK出たんで良かったんですが

今回の一件でそのシステムに関わっている人達の
障害を持って生まれた人や僕の様に人生の途中から
障害とともに生きて行かざるを得なくなってしまった
そういう人達に対する根本的な考え方と言うか捉え方と言うか
その根底の部分を色々な言葉の端々から如実に感じさせられましてね

誰一人としてスキ好んでその状態になったワケじゃ無い
誰一人として望んでそう産まれたワケでも無い

ましてやアンタらの予算に合わせて病気になったワケでも無いし
オタクらの予算に合わせた障害を持って産まれて来たワケでも無い

誤解の無い様に言っておきますが
僕の場合に限っての話しですけども
自分のこの状況に対して恨み辛みを言う気は全く無くて
何ならこの状況でしか出来ないコト感じられないコトを
とことん前向きに捉えて楽しんでやろう位に思ってましてね

でもそのためには僕の場合には義足ですが
人によってはソレが車椅子だったり
義手であったりコルセットとかの装具であったり
義眼や補聴器であったり

当然そのその症状や程度や部位は人それぞれ千差万別
合わせるのはむしろ予算の方じゃないでしょうかね?

言わんとしてるコトは充分理解出来ますよ
「そんなコトしてたら業者が好き放題
必要も無い様な高品位の物をバンバン無駄に使って
ユーザーに納品しちゃうじゃないか」って
でもソレは俺らに言う事?

「厚労省もこんなのに認可出しやがってハラ立つんだよな」
知らねーよそんなモン
そんなの同業同士で飲み屋で愚痴りゃイイ

そもそも何でハラが立つんでしょうかね...

その色々な言葉の裏側には
障害者なんだから家でおとなしくしてた方がいい
買い物なんて家からネットで通販出来る
健常者と同等に出かけたりなんて贅沢だ
おとなしく慎ましく暮らしてりゃイイ
そんな気持ちが言葉の端々から見え隠れしてましてね

何なんですかねコノ有難く思え的な感じ

切ないわぁ〜w


子供らと一緒に草わらを歩いたら贅沢でしょうかね?
ムスコと一緒に畑にピーマンやトマト採りに行くのは贅沢でしょうかね?
ムスメと一緒に河原でルアー投げるのは贅沢でしょうか?
家族でキャンプ行くのは贅沢ですかね?
家族でスーパーに歩いて買い物行くのは贅沢でしょうか?


僕の場合は過去に車椅子も申請してましてね
「車椅子なのにこんなに高い運動性能の足部必要無いだろ」と
「元々車椅子なんだから従来の足部で充分じゃないの?」と
「そもそもいくらすると思ってんの?」と

じゃ回復したらダメなんかいw!
スタスタ歩いたらダメなんかいw!
タテマエでも良いからソリゃ良かったね位言えやw

「仕事でどうしてもソレが必要とかってのならOK出しやすいんだケドさぁ」
「例えば仕事で重いモン運ぶとかさぁ」って

アホだろオマエwww
オマエも両足切れやハゲっ(フサフサだったケド)www

あんな義足とこんな断端の足で
重い荷物運ぶ仕事なんか出来るワケねぇ〜だろっつーの
普通に歩くだけで精一杯だ
半日歩いて家帰って足脱いだら水ぶくれだらけの血豆だらけだ
ただでさえ感染症にビビって暮らしてんのに
特に右足の断端ね
断端の保護にシリコンのカップを使う
ソレが無いと痛くて全然ムリ
でも使うと100%水ぶくれと血豆
自分の足で歩ける事と引き換えに毎回血豆と水ぶくれ
歩くのと引き換えに感染症のリスクに自分から近づく

でも今回の足部とライナー(アイスロス)だとカップが要らない

新しいライナーと足部を1ヶ月程試したが
その間に断端の傷は全てすっかり綺麗に治ってしまった
免疫抗体の無い僕にとっては感染症のリスクが少なくなる
感染症は命取りになるからね僕の場合

地面からの衝撃が劇的に少ない足部と
断端の部分が凄く厚くて柔らかいライナー
この2つの組み合わせのバランスが凄く合っていた

普通に歩ける事を願うのは贅沢なんでしょうかね?
快適な歩行を求めるのは贅沢なんでしょうか?

普通に歩ける人は全く気にならない
もしくは全く気付かないと思うんだけど
道路や歩道ってどんだけ悪路なのかって
車椅子や義足で歩く歩道や横断歩道がどれだけ危険か
横断歩道のトコの低くなって車道と滑らかに繋がってる縁石
あんなモン車椅子と義足にはナ〜んも滑らかじゃない
綺麗に舗装されてる歩道がどんだけ斜めってるか
斜めな歩道を車道に一切はみ出ずに進む
そんな簡単なコトが車椅子と義足にはどれだけ大変か

それらが少しでもラクになる事を望むのはそんなに贅沢?
小さな石コロや段差を気にせず歩けるのは贅沢?
義足の人間はずっと下向いて歩いとけってコト?

仮にカネに糸目付を全く付けずに
どんだけ高性能高品位の義足を使ったにしても
ホントの足にはどうやっても敵わない
自分の足ほど素晴らしい足は存在しない

どんだけ毛深かろうがw
どんだけ短かろうがw
どんだけ太かろうがw
自分の足が一番

ソレがどんだけ贅沢なことかw
そんなコトすら考える必要が無いのはどんだけ幸せか

足首が自由にグルグル動くなんてオマえら全員贅沢なんじゃ〜www!
走って遅刻ギリでセーフなんて贅沢なんじゃ!遅刻すれ!
階段2段飛ばしで電車間に合ったぁ〜!?贅沢だ!乗り遅れちまえっw!



取り乱しましてw


次回に続く


ご協力お願いします↓↓↓
ブログランキング にほんブログ村
nice!(0)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

中村アユミ [雑記]

中村あゆみ

と言えば「翼の折れたエンジェル」ですよね〜

中村あゆみ.jpeg

昔NHKで夕方に番組名は忘れたケドも
バンド入門的な番組をやってましてね
たしか司会はキーボードの難波弘之サン
アシスタントに中村あゆみだったと思う
ゲストが色々出ててその演奏がいつも楽しみだったな〜

BOWWOWの回は録画して何回も見たし
つのだ☆ひろはただのメリージェーンのオジサンじゃ無かったしw
そうる透はベロウマだし
とにかく良く見てたな〜と


まぁそんな話しはどうでもイイんですが
なんで中村あゆみかってコトですよね

ぶっちゃけて言うと中村あゆみもどうでもイイんですがw
じゃなんで中村あゆみかって言うとですね
たんに翼の折れたエンジェルを言いたかっただけでね

もっと言うと「翼の折れた」だけを言いたかったワケで
NHKの番組も難波サンもつのだ☆ひろサンも
BOWWOWもそうる透も中村あゆみも
ぜ〜んぶ関係無いwww


ソレはまぁ置いといて

ウチに居候が増えましてね

短期間で出て行ってもらう予定ではいるんですが
なんせ「翼が折れたエンジェル」状態なもんで
むげにたたき出すワケにもイカンのですよ



コイツが新居候の「中村クン」です

中村クン.jpg

あんまりマトモな名前を付けると
帰ってもらう時に情が移っちゃうとアレなんで
翼も折れてるんで「中村クン」にしましたw


第1発見者はウチの息子サンでして
それこそ日課である畑のパーミン視察に向かいまして
「本日も異常ナシ」との事で外で遊んどったワケです
そしたらばウチの玄関フードに中村クンが激突しましてね

脳しんとうにもなってたらしくフラフラしながら
畑方面へピョンピョンと歩いて行きましてね
一応飛ぼうとはするものの全然飛べず
パーミン警備隊にあえなく御用となりましてw

診断結果は左の羽がどうにかなっとるw

畑に放したトコロで全く飛べないので
おそらくネコやらカラスやらに襲われてしまうだろうと
治るまで飼うにしても成鳥だから餌付けが難しい

丸ハゲの思いっ切りヒナのスズメは
丸ハゲ.JPG
富良野に居た頃に巣から落ちて来たのを育てて放した経験が有る
しかも何回もw
何でか知らんケド良く見つけたんだよねヒナ
考えてみたら最近スズメが少ない気がする
昔は朝とかスズメがウルサイくらい一杯鳴いてた気がする


中村クンもう既に3〜4日経ってて上手く餌付いてくれた
インコとかの普通の餌を沢山食べてくれたし
畑に行けばミミズでも虫でも一杯採れるから
とりあえず一番心配だった餌付けの問題は大丈夫そう

あとは羽が治ってくれれば良いんだケド


今回の一件で一番喜んでいるのはウチの息子サン
以前から畑にいるスズメを見つけると
「スズメ捕まえて〜」と言ってましてね
さすがに「スズメは飛んで逃げるからムリ」って
そしたら車庫から走って虫アミ持って来て
「コレで捕まえて〜」と虫アミを渡して来るw

どうせ無理なんだけど一応虫アミ持って向かう
当然スズメは飛んで逃げる
近づくとか以前の問題w
「ほらね〜スズメ捕まえるのはムリなんだよ」と


ウチのボンズは「このスズメさんウチに来てくれたんだね〜」と
大変喜んでましてねw

こりゃ放す時泣くな〜ボンズ


中村クンが飛べる日は来るのかっ!?


ご協力お願いします↓↓↓
ブログランキング にほんブログ村



nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

役所コウジ [義足生活]

行ってきましたよタクシー乗って


役所

役所.jpg

いつもなら自宅から丁度1000円くらい
義足になってからチョっと遠出はいつもタクシー
使う会社も決まってて自宅直近の会社
携帯も自宅も登録されてるみたいで
電話するだけで自宅まで来てくれる
僕が義足なのも勿論知っててくれて
着くなり助手席を前にズラしてスペースを広くしてくれる
そのままでも乗れないコトは無いんだけど
正直言ってヒザがかなり辛い
曲げる角度90度くらいが限界

ミクロマンだってもうチョイ曲がるゾっつのw
ミクロマン.jpg
なので足元は広いにコシた事ない
そのままだと10分ももたん

「役所までお願いします」と告げると
ナンやら通りからでよろしいでしょうか?
てなコトを聞かれましてね

通りの名前は知ってましたが普段全く通らない
どんな道かは全然知らない(記憶がない)ケドも
役所までなんでタカが知れてるだろうし
きっとそっちの方が近いんだろうなと
いつもこの辺流してるタクシー屋さんだし

おぉ〜なるほど〜ココを抜けるとこコノ通りに出るのね〜
確かにいくらか近いかもと


あら....




役所...


工事...

工事.jpg

裏目に出ましたねwww

信号もう1個先で出れば工事迂回出来たのに

運転手サン気を使ってくれて
メーター途中で止めてくれたからいつもより安かった
ラッキ〜


今回役所に来たのは他でもナイ新しい義足の申請

持参したのは障害者手帳と見積書と印鑑
これらを忘れず全て持って行く様にと言われましてね

程なく順番が来て義足の申請の旨を伝えて
見積書を提出して渡された書類に記入
来所判定の希望日時を聞かれて待つ事しばし

再度呼ばれて来所判定日時が決められまして
9月の25日になりました

免許更新以来のプチ冒険w
地下鉄乗り換えせんとイカン
っていうか義足で地下鉄乗るの初めてだし
ホームへはエレベーター有るのかな?あ、有るか
車椅子の人も乗るもんね

乗り換えが結構大変だな
かなり歩かされたハズ

以前なら何てコト無い距離なんだろうけど
義足だと歩かなくてはいけない距離は凄く気になる
しかも来所判定の時は以前の義足で行かなきゃダメらしい

何でそんなコトさすんだろ?
前の義足に色々不都合が有るから新しくするのに
ワザワザ前のを履いて行かんとダメって
しかもやたらと辺鄙な場所まで
また水ぶくれだらけになるな...

長距離徒歩で移動だから新しい義足で行きたいな〜
「ホラこ〜んなに調子イイんですよ〜」ってコトじゃダメなんかい?
「こんなに水ぶくれで血ダルマで...」ってお涙頂戴せんとダメなんかい?
そもそも何でこんなシステムになったんさ?って
元々は性善説的思考だったんじゃないの?
今は完全に性悪説的思考だもな...

言いたいコトは沢山有るな〜言わんケド
知ってるコトも沢山有るな〜知らんケド
な〜んか一杯色々沢山ムダで理不尽でオカしなコトが多いな〜


ご協力お願いします↓↓↓
ブログランキング にほんブログ村




nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

天上テンゲ-2 [義足生活]

天上天下唯我独尊
アメフラシの逆襲


唯我独尊のイベント当日
札幌の天気は超ドンヨリw

数日前までは週刊予報でこの週末は晴れだった
それが前日辺りから雨もしくは曇り
まぁでも前回の増毛でも道中は雨だったけど
現地はカンカン照りだったし
更にその前の富良野のゆうふれもカンカン照りだったし
もっと言うと「脱・雨男宣言(2回目)」もしたしw
割りと楽観的に構えておったワケです


今回も行き帰りの足はVo.スガデガスにお世話になりまして
土曜日なんで「あまちゃん」を見てから余裕の出発準備
まぁ準備って言っても殆ど手ぶらに近いw
なんせケースも無いアコギ1本だけだからw
さすがに裸まんまで持ってくのは可哀想なんで
無理矢理エレキのソフトケースに入れましてね
入れたって言うか無理矢理挟んだ的なw
チャックが閉まらんのでヤキソバパンみたいな感じでねw

具沢山w

20080401-01.jpg

待つ事しばし
天候の悪化でスガデガス間もなく到着を知る
窓ガラスに水滴が1粒2粒....

程なく彼到着w

ってかもう降ってるし(笑)

その後ベースのシホ嬢宅も寄り3人にて高速ライドン!
強まる雨脚
渡る橋脚直下はもれなく褐色の濁流
唸らんエンジン唸るワイパーw

っていうかこの車乗ってワイパー動いて無かった事が無いwww
毎回ワイパーがフル稼働
前回乗った時よりもワイパーのビビりがハンパ無いw
いっそのコト液体ワイパー使いませんかと
ガラコ.jpg
このままだとエンジンより先にフロントガラスがすり減りますよと

3人分の機材と小道具を車内一杯に積み込んだ軽四輪
過積載ギリギリで富良野へと向かう
車内BGMは三笠辺りで化石サイダー


雨脚は弱まるどころか手前の峠では霧で前が見えないし
コレはやっちまったなと
イベントは野外だっちゅ〜のに...
そもそも雨天決行なんだべか.....

峠を降りて富良野の市街地が遠くに見えて来たら
奇跡的に雨が小降りになりましてね
街に付く頃には雨も上がりまして

道路も乾いてたんで現地は降ってなかったんだなと


会場の唯我独尊に着いて車を降りた瞬間に降り出しましてねw

独尊入り口.jpg

会場では雨避けのテントが張られてる最中でして
ウチらが挨拶に行くと「やっぱりな〜」と
「急に降って来たから富良野に着いたんだと思ってた」とw

みなさんさスガ分かってらっしゃるw

結構な雨の中テントをあちこち張り巡らせて
全天候型イベントに変身完成
っていうか雨天決行だったんスね....

引き続きリハが始まったんですが
メンバーが揃ってるのがウチとあともう1バンドだけ
そもそもリハが有るのも知らんかったし
イベント自体何時から始まるのやら諸説アリ
総勢何バンド出るのか出番は何時なのか
会場に居た誰もが知らないと言うある意味モンスターイベントw

セッティングったってケースから出すだけだしw
こんな時に限ってチューニングも全然狂ってナイしw

テントこそ張って有るとは言え結構な雨の中
いつの間にかお客さん一杯になってましてねw
既にビールとか飲んでる人まで居る始末www
こんな状態で開演まで放置ってのもアレだって話しに急遽なりましてね
いやホントに急遽w

そもそも開演時間なんて決めてたんかってw

リハやった2バンドでどっちか決めてくれと
ぶっちゃけ順番なんかこだわりは無いんで何番でも良かったんですが
1番バッターとは思わなんだナ〜w

だってもう1つのバンド
メンバーが自宅に持病の薬飲みに帰ってるんだモンwww
アラウンド還暦&ローカリズム炸裂w

ってコトでドンバンドはい決定〜
雨脚さらに強まるwww

1176410_516093861812804_905895192_n.jpg

まぁでもコレで良かったんですよウチらが1番最初の出番で

1240661_514670308618860_28595510_n.jpg

ウチらの演奏が終わったら雨上がりましたからね

1234876_514670305285527_1132860031_n.jpg

イベント終了までパラつきもせず
なんなら雲間から青空が見え始め
最終的には星空でイベント終了

雨とともに去りぬ

雨と共に去りぬ.jpg

イベント自体は怪しい空模様にも関わらず
お客さんも途切れる事なく
終始歓声と手拍子包まれて和やかな笑顔溢れるイベント
出てたバンドも弾き語りやフォーク
もちろんロックも多様なロックで
本格的なジャズバンドや民族楽器までホントに多種多様
そしてそれぞれがみんな上手い
富良野っていつの間にかこんなに層が厚くなってたんだな

これもひとえに唯我独尊マスターの人柄でしょう
富良野市の市議会議員を務める様な人格者でも有るんだけど
富良野の音楽シーン創成期からのレジェンドの1人でもあるからね

カレーも美味いしね

1175294_516093885146135_431075487_n.jpg


ちなみにこの時も新しい義足の足部で現地入りしましたが
前回の増毛と違ってソケットも新しく採型した
チェックソケットにて現地入り

会場の敷地は全面砂利敷きの駐車場
おそらく以前の義足なら無理だったと思います
さすがにじっと長時間立ってるのは厳しかったケド
スタスタ歩くぶんには全く問題ナシ!
オズールのバリフレックスすげぇ〜デス!
コレなら渓流でルアー投げれるなとw
ライナーのアイスロスとの組み合わせもカナ〜り無敵
ズ〜っと悩まされ続けてきた右足
右足の超問題アリ断端も小細工無しで問題ナシ
たぶんコレで申請する事になるでしょう

近々申請の書類が到着するので役所にソレを提出
今回は本義足と言う事で障害者手帳
認定だか判定だか忘れましたが
そのために何度か辺鄙な場所に有る機関へ出向かなくては

なんとかならんのかなぁこのシステム.....
車有る人は良いかも知らんケド
僕みたいに足の無い人は大変だよね
まぁ実際の足も無いんだケドさwww

職員の対応もカナ〜り良く無いらしい話し
散々聞かされてるから正直気が重い...
ホントなら格段に歩きやすい新しい義足になるから
ウキウキ気分で行くはずなんだケド
ホントまぁ〜ロクな話し聞かん...
最悪の場合申請が通らない場合も有る


果たしてどうなるコトやら
結果は如何に?



ご協力お願いします↓↓↓
ブログランキング にほんブログ村


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

天上テンゲ-1 [義足生活]

唯我独尊
 
今では結構有名喫茶店
富良野の話しすると必ず上位に出て来る唯我独尊
もう40年にもなるそうで
独尊看板.jpg

初めて行ったのは多分小学校の高学年か中学入って間もなくとか
当時びっちりやってた競泳のコーチに連れてってもらった

それこそ僕が生まれた協会病院の並びに有りましてね

富良野では割りと大きな通りであるその通り
たしか5条通りとか呼んでたはず
国道から曲がって駅まで真っすぐのお店が一杯の通り
その割りと栄えてる通りの行き止まりが富良野駅

富良野駅のチョい手前に有るドクソン
大きな通りには面しているけど
店舗はかなり奥まったトコに建ってて
周りには木も生えてて
店舗の外観もなんだか怪しくて秘密基地みたい

小さい頃自転車で前を通る度に
「いったいナンなんだろ〜」って思ってた

僕の水泳のコーチが良くドクソンに通ってて
良いタイム出したら連れてってやると
それで連れてってもらったのが最初かな

歩道からはかなり奥まったトコに有る店舗
いつもは眺めてるダケだったけど
大人なコーチと一緒だったからね
怪しい大人な雰囲気を精一杯背伸びしてさw

それからはチョイちょいコーチと行く様になり
月日も流れて自分でも行く様になり
水泳でも市の代表にもなり全道でも多少結果も残せたりして
いつの間にかドクソンのマスターも市の教育関係とか水泳にも関係してて
競泳でマスターから何度も賞状もらってるハズw

その頃はもう既にビートルズどっぷりだったし
コーチやマスターに大人なロックも一杯教えてもらってたし
お店では散々そんな話しばっかりしてるのに
市の表彰式でかしこまったマスターから賞状もらうのは
「なぁ〜にマジメな顔しちゃってぇ」といつも内心ニヤケてたw

ドクソンで頼む物もコーラからレスカになり
レスカからアメリカンになり
アメリカンからブラックになり
友達の中で「ドクソンのカレー美味いよな」だったのが
いつのまにか全国区で有名になり
店内の壁には全国各地から来た人の名刺とかメモ紙が
壁一面隙間無く一杯に貼られる様になって
店の前の広い砂利の駐車場がバイクや車で埋る様に

独尊駐車場.jpg

そんな唯我独尊のお店の前の駐車場
そこで先日イベントが有りまして
マスター直々に声を掛けてもらいましてね
そりゃ〜もう喜び勇んで行きますよね〜
富良野の音楽シーンのレジェンド直々のアレですからw
雨が降ろうが槍が降ろうが
いや、結局雨は降らすんですケドねw
雨男ウルトラが居るんでウチにはwww

今回はアコースティックな3人編成
ベースとアコギ2本
アコギはJ-45とヤマハの60年代後半のガット
ガットギターなんて30年くらいチョして無い
弦高なんか弦と指板の間をワラジムシが通れる位高いしw
友人から貰ったガットギターなんだけど
意外と良い音で凄く良いアンサンブルだったかな
ホントは指で弾ければ良かったんだけど
いかんせん付け刃なモンで今回はウルテム使った
ウルテムとガット弦の相性は凄く良かったな〜
J−45とガットの相性も凄く良かったし

で、イベントの詳細なんですがね
13時からって話しも有れば15時って話しも有ったり
17時からって話しも出てたりして
実際何時からなモンだか何バンド出るもんか
どんなPAなのかリハは有るのか無いのか
当日出発の時点で僕らが知ってる情報は
「会場は富良野市の唯我独尊の駐車場」
コレのみwww

駐車場ってコトは屋外
ってコトは雨降るとヤバイってコトでw
ウチのバンドにはウルトラのアメフラシが...
アメフラシ.jpg

続きは次回
「天井テンゲ-2 アメフラシの恩返し」にて


ご協力お願いします↓↓↓
ブログランキング にほんブログ村
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。