So-net無料ブログ作成
検索選択

嬉々一発 [原発性免疫不全症候群]

いや〜危なかったですねぇ


25日まで無菌病棟に居りましてね


久々に高熱連打しまして
連日受診を繰り返しておったのですが
40度の発熱の割には血液の検査結果が非常にショボいw
受診の度に抗生剤やら処方されて帰宅
薬を飲めども高熱を繰り返しておりましてね

まぁ最終的には入院となりまして


8月の2〜3日に毎年恒例の野外ライブイベントが有るんですが
危なく参加出来ないトコロでしたw
滑り込みセーフですよ
まさに危機一髪

もし以前の様に数ヶ月入院なんてコトになってたら
今年の僕の楽しかった出来事のピークは
おそらく庭のサクランボ採りwww

2014年 今年の思い出は
6月に一杯サクランボが採れました
になるトコでしたよwww
アブないアブない


思い起こせばウチのオトンが亡くなりまして
付随する残務処理に明け暮れ
沢山出歩きなおかつ沢山の人にも会って
体も疲れておったのでしょうね
初七日だの四十九日だのと沢山人が来ましたが
ゲホゲホ風邪気味の人も多かったし
色々思い当たる事も少なく無い

以前は少し熱っぽいとかなると
翌日には入院ってなパターンだったのですが
効いてるのか効いてないのか不明ですが
飲み続けてるサプリのおかげなのか
微熱が微熱で済む様になり
翌日には熱も平熱に戻る事が大半となり
大きな入院がほぼ無くなるという
僕にとってはかなり快挙な状態が続いておりましたが
今回は健闘虚しく見事無菌病棟拉致監禁w

その甲斐あって大事には至らずに済みました

ひとえに主治医のお陰でございます


退院してからは連日イベント盛りだくさんでして
退院当日にはバンドでスタジオに入り
28日にはかねてより参加しておりますMr.Kサウンドゼミに参加し
翌日にはなんとNASAの人間が我が家に遊びに来たりw

ウチの婆さんに「今日NASAの人が遊びに来る」って言っても
笑って流されましたケドねwww
夜に再度今日NASAの人が遊びに来たって話しましたが
シカトですわ(笑)


まぁ普通は信じませんわな

その人との出会いはまた後日


ご協力お願いします↓↓↓
ブログランキング にほんブログ村


nice!(0)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

卵鶏卵鶏卵鶏 [義足生活]

前回の続きをば


何故にこの償還払いというシステム

一見 煩雑さが増すだけのメンド臭いこのシステム
場合によってはこのシステムのせいで
義足自体を諦めた人さえ現実に存在する
このシステムのお世話になるであろう人達全員
全てがと言っても過言では無い程の不評
ここまでブーイングの嵐なのに
何故このシステムに変更したのか?

いや おそらく変更せざるを得なかったのではないかと
やむを得ずだったのではないかと僕は思うワケです
だってさ マトモに考えたらオカシイでしょ?
非難囂々になるの分かってて
それでもそうするってコトは
ノッピキならんワケが有ったに違いない

実際ね あ〜なるほどねってハナシも多々聞きましてね
そりゃ〜そんなコトばっかりヤッとったらそうなるわって

前回も書きましたが業者側の言い分としては
最近は審査が厳し過ぎるとか
患者は二の次で先ず予算のハナシとか
まぁそんな感じ

審査する側の言い分としては
本当に必要なのか?ってコトが主な内容
コッチも意地悪で厳しくやってる訳じゃないと
ソリャそ〜だw
意地悪でやられちゃカナわん(笑)
ケドなかなか意地悪な感じだけどねw


以前 償還払いシステムが始まる前は
実際にどんな義足をどんな状態の人に作るのか
かなり曖昧な状況でもバンバン許可を出していたとのコト
ヒドイのだと作るコトにして申請だけ出して許可を得てた
水増し請求も多々有って
超高級義足を作る見積もり申請出して
実際には普及版を作って納品
まだ全然使えるのに次ぎ新しいの行っときましょか?で
次々何本も義足作ったりで
節足動物並みに義足持ってたりねw
それらが余りにも横行しまくったので
結果として厳しい審査と償還払い

ハナっから審査をキチンとしろよ!ってハナシも有りますよね
そんなザルみたいな法案作るからだってのも分かる
でも法律がユルいからって何ヤッてもイイのか?ってのも有るし
その手のハナシの慣例として官民の癒着も有るワケでね

こんなのケンカ両成敗で
俺に言わせりゃドッチも悪いよね
ガキ同士のケンカと一緒で
最終的にはオマエの母ちゃんデ〜ベソ的な
バカって言った方が馬鹿なんだ〜みたいなw

オマエら仲イイな〜

って僕は思うワケです

そんなね
ニワトリが先かタマゴが先かみたいな
不毛の悪口合戦に付き合いたく無い
イイ迷惑だよね

だってさ
そこには患者や障害者なんて関係ないんだもん
オタクらに大切なのはカネと利権でしょ?
何か有れば二言目には患者サンが障害者がって言うケド
建前なのはもう分かってる

償還払いなんかやって一番しわ寄せが行くの誰?
いい目見て来たトコにシワを持ってけよってハナシ
結局弱いトコロに全部シワが寄る


凄く狭く限定的な考察で有るのは重々承知だが
俺が実際に身をもって体験し
直接見て直接話し直接聞いて直接感じたコト

違和感


この手の違和感は
なにも障害者や難病患者に限ったコトじゃない
論争の輪の中心が障害者や特定疾患患者から
要介護高齢者や母子家庭や生活困窮者や国民や日本や
次々と論争の中心点に放り込まれる対象が変わるだけで
外野で話し合われるのはいつもカネと利権
中心に置かれながら蚊帳の外


こういうのって
実際になってみないと分からんのよね
正直言うと知らんでイイなら知りたく無かったよね
だけどコレ全然他人事じゃ無くて
明日は我が身でして
元気なうち若いうちは良いよ
でも必ず誰しも歳をとる
1時間1日1週間1ヶ月1年5年10年20年
みんな平等に


自分が高齢者や後期高齢者になり
子供らも立派かどうかは知らんが大人になり
その時 世の中はどうなってんのかな〜

そんな事を考えると

夜は熟睡です



ご協力お願いします↓↓↓
ブログランキング にほんブログ村
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。